猫ちゃんを飼う上で必要になってくるのがキャットタワーです。
キャットタワーは様々なものがありどれを選んでいいのかわからないという方も多いと思います。

キャットタワーを買う時に一番失敗してしまう事は用途や大きさなどを考えずに買ってしまう事です。
大型の猫を飼っているのに小さいキャットタワーを買ってしまい、すぐに壊れてしまったり、
バランスが悪くて転倒してしまう事があります。
場合によっては愛猫ちゃんがケガをしてしまうこともあるので購入の際にはしっかりと考えたうえで購入しましょう。

このページでは失敗しないキャットタワーの選び方やおすすめ商品を紹介していきます。

 

キャットタワーの購入で失敗しない為のポイント

キャットタワーを買う前になぜ猫ちゃんにとってキャットタワーが必要なのかについて考えてみましょう。

・猫ちゃんは高い所がすきな動物
・室内で暮らしている猫ちゃんの運動不足解消
・猫ちゃんにとっての居場所を確保する為
・イタズラの防止、予防

こういった理由がキャットタワーを購入する理由です。

猫ちゃんは本来、木の上で暮らしていたので高い所が好きな動物です。
高い所に登ったりすることが大好きで高い所に居場所を確保したりします。

高い所が少ない環境で育っていると家具の上に登ろうとします。
それにより家具が転倒したり、傷ついたりしてしまうので家具を破損してしまったり転倒して事故や怪我の原因になってしまったりします。
筋肉量が多く活発で運動能力が高い品種の猫ちゃんだとカーテンをよじ登ってカーテンレールの上に登ったりもします。

運動不足になると病気やストレスの原因になったりもしますので、安全な運動場所を作ってあげる事がキャットタワーを設置する一番の理由になります。

キャットタワーに変わる居場所や遊び場所があって、それでいつも遊んでいる場合はキャットタワーの購入は必要ありません。
猫ちゃんを室内で飼っていて運動不足や高い所で落ち着く場所がないなと感じるときのみ購入を考えてあげてください。

 

キャットタワーのメリット・デメリットについて
キャットタワーの使い道で一番の理由は猫ちゃんの運動できる遊び場所を作ってストレスや運動不足の解消をしたり、
高くて居心地のいい場所を作ってあげることですが、
爪とぎなどがついているキャットタワーもあるのでそういったものを選ぶことで、
爪とぎを他に置かなくても良くなったり、家具を引っ掻いたりするいたずらを防止するといったメリットもあります。

デメリットは大きいので設置場所を確保しなくてはならなくなったり、
コストがかかってしまう事です。
大きさは猫ちゃんの大きさによってかなり変わってきますが、
大型の猫ちゃんの場合は高さも最低でも160cm以上のものを選び、土台や素材もしっかりしたものを選んであげないといけません。
その場合それなりに値段もするのでコストはかかってしまいます。

 

キャットタワーを買うタイミングは?

キャットタワーを購入するタイミングは猫ちゃんによって変わってきますが、
早ければ生後2か月ほどで設置してあげてもいいでしょう。

猫ちゃんは人間よりも成長が早く、6か月程度で人間だと中学生~高校生くらいの年齢になります。
生後から数ヶ月程度で十分遊びまわるだけの運動神経も備わりますので様子をみて設置をしてあげてください。

猫ちゃんは警戒心が強い動物なのでキャットタワーを設置してもすぐに遊んでくれない事も多くあります。
最初は怖がって近づきもしない猫ちゃんもいます。
いつ遊んでくれるようになるかは猫ちゃんによって様々ですが、
数日~1ヶ月程度で興味を持ち始めて触ったり、嗅ぎまわったりして様子をみるようになります。
そして警戒心がなくなってきたら登り始めたりキャットタワーの上で寝たりするようになります。

キャットタワーに慣れるまで時間がかかる猫ちゃんもいますので、
慣れるまでの時間を考慮して、早めに設置してあげるほうがいいでしょう。

 

猫ちゃんの体重や性格に合ったキャットタワーを選ぶようにしましょう!
キャットタワーを選ぶうえで一番重要になってくるのが安定性です。
小型で運動を好まないペルシャやマンチカンなどの品種の猫ちゃんは激しい運動をしないので、
そこまで丈夫なキャットタワーではなくても問題がありませんので、
機能性よりも見た目重視でハンモックがついていたり、おしゃれなでインテリアになりそうなものを選んでも大丈夫です。
しかし、大型で活発なやブリティッシュショートヘア、ノルウェージャンフォレストキャット、サイベリアンなどは運動能力が高く、
非常に活発なので丈夫で壊れにくく、高さも十分なキャットタワーを選んであげないとすぐに壊れたり、転倒したりしていまいます。

 

小型の猫ちゃんにおすすめのキャットタワー
小型の猫ちゃんにも運動能力や性格によってキャットタワーの選び方が変わってきます。
小型で活発な猫ちゃんであれば土台がしっかりとしていて安定性のあるものを選んであげてください。

小型で活発な性格の猫ちゃんにおすすめのキャットタワー
シンガプーラ、アメリカンショートヘア、クロアシネコ、トンキニーズ、ハバナブラウン
などの好奇心旺盛で活発な猫ちゃんにはスリムでも土台がしっかりとしているキャットタワーを選んであげてください。
体が小さい割に遊びが大好きで高い所に上る上下運動が好きなのでキャットタワーのように高くて居心地のいい場所を確保できないと、
タンスや冷蔵庫などの高い家具の上に上りイタズラをしてしまいます。

==========小型の活発な猫用のキャットタワーのリンクを挿入してください============

 

小型で落ち着いた性格の猫ちゃんにおすすめのキャットタワー
シャム、マンチカン、ミヌエット(ナポレオン)、ラムキン、スクークムなどの落ち着いていてあまり運動を好まない猫ちゃんの品種には、
居心地のいいキャットタワーを選んであげるといいでしょう。
運動をあまりしない猫ちゃんの多くは短足で動きが遅い猫ちゃんが多くいます。
その為運動不足になりやすく肥満体型になりやすいので居心地の良さを重視してあげることが重要です。
選ぶ基準は低めで上りやすいものを選んであげて上の方に寝る場所のように落ち着ける居心地のよさそうなものがあるキャットタワーを選んであげてください。
ハンモックなどで遊んでいる姿はかわいいので遊んでくれそうならハンモック付きのキャットタワーもオススメです。

==========小型で落ち着いている猫用のキャットタワーのリンクを挿入してください==========

 

大型の猫ちゃんにおすすめのキャットタワー

大型の猫ちゃんの為にキャットタワーを設置してあげる場合は安定性を重視してあげてください。
高さもあり土台がしっかりとしているものを選んであげることでストレス発散、運動不足の解消になります。
土台の安定性以外にも丈夫な素材を使っているかも重要になります。
素材がしっかりとしていないとすぐに壊れたり、転倒してしまい買い替える事になってしまいまいますので注意して下さい。

特にブリティッシュショートヘア、ノルウェージャンフォレストキャット、サイベリアンなどは非常に運動神経も高く激しく運動します。
中型でもベンガル、オシキャット、セルカークレックス、ブリティッシュショートヘアーなどは大きい体をしていて好奇心旺盛で遊び好きなので、
キャットタワーは安定性がしっかりとあるものを選んであげてください。

=========大型猫におすすめのキャットタワーを挿入してください=============

 

機能別おすすめのキャットタワー
キャットタワーには運動不足解消、ストレス発散以外にも考慮して作られているキャットタワーもあります。
それらを紹介します。

 

爪とぎ付きのキャットタワーのおすすめ
爪とぎ付きのキャットタワーは爪とぎができるような素材で作られていたり、
爪とぎが付いているものになります。
キャットタワーと爪とぎを一緒にしたいという飼い主さんにはおすすめです。
爪とぎだけ交換できるものもありますので選ぶ際にはチェックしてみて下さい。

 

=======爪とぎ付のキャットタワーのリンクを挿入してください=======

 

ハンモック付きのおすすめキャットタワー
ハンモックは特に機能としては必要ないのですが、
ハンモックが好きな猫ちゃんは多く、遊んでいる姿がすごく可愛いので紹介します。

=======ハンモック付のキャットタワーのリンクを挿入してください=======

 

おしゃれなインテリアにもなるキャットタワー
キャットタワーは大きいので場所もとりますし、人目に付くところに置く事も多いと思います。
おしゃれなキャットタワーであればインテリアにもなりますし部屋の雰囲気づくりにもなります。

=======おしゃれなのキャットタワーのリンクを挿入してください=======

 

国産やブランドのキャットタワーを購入するなら?
キャットタワーを選ぶ際に国産のものやブランドが欲しいという方も多くいらっしゃいます。
人気がありおすすめのものを紹介しておきますので参考にしてみて下さい!

国産のおすすめキャットタワー
=======国産ののキャットタワーのリンクを挿入してください=======

ブランドのおすすめキャットタワー
=======ブランドのキャットタワーのリンクを挿入してください=======